人妻たちが人妻出会い系サイトを使って男を漁る理由とは?

人妻出会い系サイトには、たくさんの人妻が集い、日夜男を漁っています。どうして彼女らは、掲示板などを使って、男を探すようになったのでしょう。人妻が人妻出会い系サイトを使う理由について知れば、彼女らの攻略法も見えてきます。

まずひとつに、旦那とセックスレスに陥り、欲求不満を募らせた挙句、掲示板に出入りするようになったというケース。これらの女性は、不倫というものに少なからず罪悪感を感じています。それがばれたらどうなってしまうか(リスク)もわかっていますが、彼女らは、結婚生活というものに自分の人生が縛られることのほうが、より恐ろしいと考えています。つまり、人生が旦那や家族のためでなく、自分のためにあるのだという結論に至った女性らは、人妻出会い系サイトを使うなどして、不倫をするようになるのです。

これらの女性は、家庭を忘れさせてくれるような男性を求めます。それは恋愛をしようとする乙女の心理に近いもので、この手の女性には、体目当てで近づくと大概追い返されて終わりです。男性とは違い、女性は基本的に体と心をセットで考えます。従って、欲求不満になったら誰とでもいいからセックスすればよいといった発想には至らないわけですね。

人妻が人妻出会い系サイトを使うもうひとつの理由、それはお小遣いを稼ぐこと、です。共働きでないかぎり、主婦たちは、旦那の給料をやりくりして、そこから自分のお小遣いを捻出しなければなりません。が、一人で暮らしていたときほど、好き勝手に買い物できるわけではありませんから、どの人妻も決まって、物欲の満たされないことに不満を感じはじめます。そこに欲求不満や夫婦関係の冷え込みが加わると、彼女らは、不倫もかねて、お小遣い稼ぎに走るのです。つまり自分の体を売って、お金を稼ごうとするんですね。

そのような援助交際をする人妻も、人妻出会い系サイトには出入りします。しかしその価格は相場よりも安い場合がほとんどですし、お金さえ払えばセックスできるのですから、ある意味では便利ともいえます。あなたも人妻出会い系サイトを使って、すてきな人妻さんたちとエッチな関係を結びましょう!

■人妻との接点が作れる不倫SNS

facebookやツイッターなどが大流行になり、世間では、本当にSNSブームです。
ニュースなんかで時々、facebook離れなんかの記事を目にしますが、『実際は、そんなことはないでしょ?』と言う印象です。
日本での最初の流行はグリーですかね?
ただ、爆発的にSNSが日本で流行ったのは、mixiですね!
mixiブームは、本当にすごかったです。
日記機能なんかももちろん、ブログ的な役割で面白かったですけど、コミュニティーと言うものが面白かったです。
共通の趣味を介して、実際に会って、そこから恋愛に発展したケースもあったことでしょう。

SNSが普及して、『出会い系サイトはなくなるのでは?』と思っていたのですが、そうではなかったですね。
出会い系サイトは、出会い系サイトで今も役割を果たしています。
ただ、SNSと出会い系サイトの間くらいのサイト(SNS)は、存在しています。
不倫SNSもその1つでしょう。

これを見る限り、海外の会社が作った不倫SNSが日本に上陸したようです。

他のサイトの関連記事なんかも見てみたのですが、単純に楽しそうだなぁと思いました。
基本的には、出会い系サイトに似ています。
最近の出会い系サイトは、機能が充実していますし、基本となるのは、掲示板とメッセージ機能辺りです。
使い勝手が良いし、出会いに繋がりやすいので、今も昔も掲示板とメッセージ機能は、こういったサイトの中核となる機能なんですね。
それに業者側も課金などで収益を上げやすいモデルですので、この形は変わらないでしょう。
他には、ゲームがあったり、占いがあったり、日記があったりする不倫SNSもあります。
これだけ充実していると、不倫目的と言うより、サイトの機能自体を楽しむ方も増えてきそうな気がします。

正直、facebookというのは、仕事の話、子育て日記的なもの、あとは、こんな場所に行った!こんなご飯を食べた!っていうような内容がほとんどです。
要するに自慢がほとんどですよね(笑)
そういった自己アピールを否定するわけではないですが、特に自慢することのない人や自慢するのが苦手な人は、どんどん離れていくでしょう。
まぁ、そういう人はツイッターをやるのでしょうか?
ツイッターは、ちょっとしたつぶやきですので、たいしたネタがなくてもつぶやけます。
それに情報を得る側としては、良いツールですね。
企業やニュースサイト、それに著名人なんかも良くやっていますので自分が欲しい情報をゲットできます。
ただ、自慢するには、ちょっと文字数が足りないですし、facebookの方が合っているでしょう。

それぞれのニーズですよね。
ニーズに合うSNSをセレクトするわけですので、当然、不倫SNSも流行するでしょう。
まぁ、性質的に一部でプチ流行する程度でしょうが、今後の不倫SNSの発展が楽しみです。